« ネットバンキングの恐怖!不正送金被害(3) | メイン | あなたのパスワード、ヘボヘボですから?残念! »

マイクロソフトが公共施設やネット・カフェの共用パソコンを安全にするツール「SCT」を無償配布

マイクロソフトは,不特定多数のユーザーが共用しても,安全にパソコンを利用できるようにするツール「Shared Computer Toolkit for Windows XP」(SCT)を無償で提供する。

12月15日に同社のWebサイトからダウンロードできるようになる。

SCTには、「スタート・メニューで利用できる項目を限定する」「データを保存できなくする」「閲覧できるWebサイトを限定する」など操作を制限する機能や、ユーザーがOSやレジストリの設定をしたり、アプリケーションをインストールしても、再起動すると元の状態に復元する機能を持つ。

特に環境復元機能「Windowsディスク保護ツール」は、図書館や学校のPC教室、インターネット・カフェなど不特定多数のユーザーが共同利用するパソコンで有効だ。

パスワードの記憶、インターネットの履歴やお気に入り、オートコンプリート、最近開いたドキュメントの一覧など、他のユーザーに知られては困る情報を消したり、PCの設定の変更、スパイウェアやウイルスの感染さえも、再起動するだけで元の状態に戻すことができるものである。

これまでDrive ShelterRecovery Geniusなどの市販製品を使っていた領域の一部が、マイクロソフトが提供するSCTで実現できることになる。

このような環境復元ソフトでは、ファイル・レジストリの変更やBIOSの変更を監視するなど、ハードウェアやアプリケーションとの相性によって、動作障害が発生するケースが少なくない。

OSメーカーであるマイクロソフトが開発するこのツールが、市販製品に勝る信頼性を実現できているのかに注目している。

■関連記事

マイクロソフト,公共施設やネット・カフェの共用パソコンを安全にする操作制限ツールを無償提供

マイクロソフト、共有PCのセキュリティを向上させるツールを無償配布

みんなで使うPCを安全にするMSツール

■追記

12月20日にダウンロード可能になった。
Microsoft Shared Computer Toolkit for Windows XP ホーム


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://itnavi.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/199

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)