« 真鍋かをり がセキュリティ対策のアドバイスをするWebサイト | メイン | インターネットゾーンによるファイルの実行制御 »

トレンドマイクロ「ウイルスバスター コーポレートエディション」にWinny対策ツール「アドバンス検索ツール」を同梱

トレンドマイクロは、社内ネットワークでのWinny利用を防止するためのツール「アドバンス検索ツール」を「ウイルスバスター Corp. アドバンス」に同梱して提供sする。既に「ウイルスバスター Corp. アドバンス」を利用ユーザーも、本ツールを無償でダウンロードできる。

Winny対策ツール「アドバンス検索ツール」は、Winny検出専用のパターンファイルと検索機能により、クライアントにおけるWinnyの有無を確認し、必要に応じて削除することが可能。

●Winny検出機能  下記の方法で本ツールを実行することでクライアント内のWinnyを検出し、削除できます。  (1)管理者が本ツールをWindows Active Directoryのログオンスクリプトに登録し、     ユーザのログオン時に自動的に実行  (2)管理者から配布された本ツールをローカルでユーザが実行 ●サイレントモード  検索の実行をディスプレイに表示しないことができます。上記実行方法の(1)と組み合わせてユーザに知られずにWinnyの検索を実施することが可能です。 ●レポート機能  検索結果をログとして管理サーバに出力できます。本ツールの実行およびWinnyの検出/非検出をログとしてレポートすることで、システム管理者がクライアントの状況を把握できます。

■関連記事

x64ネイティブ、NAC Version2に対応した「ウイルスバスター(TM) コーポレートエディション 7.3」を発表

情報漏えい防止 | Antinny(アンチニー)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://itnavi.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/218

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)