« キングソフトがWinny起動に警告する機能を追加 | メイン | 日本IBM「Winnyを起動させない」セキュリティサービスを開始 »

起動プロセス監視しWinnyを検知するクライアント管理ソフト「LogVillage」

蒼天はクライアント管理ソフト「LogVillage」のオプションとして、ユーザーが起動した全プロセスを監視して禁止ソフトを実行した際に管理者に警告を出す「プロセス検出機能」を追加する。

この機能を使えば、Winnyなど社内で禁止されているソフトが起動されたことを、管理者に警告を出すことが可能になる。

出荷時期は2006年4月上旬の予定。価格は10万円(税別)。

■関連記事

起動プロセス監視しWinnyを検知,蒼天がエージェントレスの管理ソフトにオプション

情報漏えい防止 | Antinny(アンチニー)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://itnavi.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/212

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)