« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月22日

中古パソコンの7台に1台はデータが残存

NTTネオメイトの調査によると、中古パソコンの7台に1台はデータが残存していたという。

平成17年度調査の23%と比べ、検出率で9ポイント改善したが、
依然として中古パソコンの14%においては、復元ソフトによりデータが復元できたそうだ。

NTTネオメイト|中古パソコンのハードディスク内データの残存状況調査結果

ファイル削除したりフォーマットした程度では、消したつもりでも消えていないのである。
つまり復元可能な状態だということを認識しておく必要がある。

データの消去・抹消・削除

2006年04月11日

住商情報システム、米eEye社の無償Winny検出・通信遮断ツールを提供

住商情報システムは、米eEye Digital Security製 無償Winny検出・通信遮断ツール eEye Winny Scanner(日本語版) を提供開始した。

リモートから Winnyの動作を検出する eEye Winny Scanner とネットワーク上を流れる Winny 通信を監視し通信を遮断する eEye Winny Monitor がある。

なお、無償版の eEye Winny Scanner は1回のスキャンで16IPまでとなっている。

eEye Winny Scanner 日本語版 (16IP対応) eEye Winny Scannerは、リモートからWinnyが動作しているホストを検出するためのネットワークスキャナです。IPアドレス範囲を指定してスキャンをかける事により、Winnyが動作しているホストを列挙します。 プロトコル検出に基づいたスキャンを行っている為、通常のファイルスキャンによる検出と比較し、低負荷、高速なスキャンが可能です。スキャン対象ホストのアクセス権も不要です。

eEye Winny Monitor 日本語版
eEye Winny Monitorは、ネットワーク内に流れる暗号化されたWinny2パケットをリアルタイムに解読し、Winnyの接続元、接続先のIPアドレスを表示します。また、検出されたWinnyノードのTCP接続をリセットし、管理対象のネットワーク内に流れるWinnyトラフィックを強制的に遮断する事ができます。スイッチングハブのミラーポートに接続して使用します。

eEyeフリーツールダウンロード SCS住商情報システム株式会社

■関連記事

住商情報システム、米eEye社の無償Winny検出・通信遮断ツールを提供

住商情報システム、米eEye社の無償Winny検出・通信遮断ツールを提供(PDF資料)

情報漏えい防止 | Antinny(アンチニー)

2006年04月06日

クオリティ、IT資産管理ソフト「QND Plus」にWinnyを検知するプログラムをセットにした製品を無償提供

クオリティは、IT資産管理ソフト「QND Plus」にWinnyを検知するプログラムをセットにした製品を、無償提供している。

配布されるのは「QND Plus Winny検出タスク」、「Winny検出タスク利用マニュアル」をセットにしたQND Plus。同製品は4月末まで利用可能。

Winny監査ライセンス無償提供キャンペーン

情報漏えい防止 | Antinny(アンチニー)