« 2008年04月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月07日

トレンドマイクロ、カーネルメモリ使用量を削減したウイルス検索エンジンを提供開始

トレンドマイクロ株式会社は、カーネルメモリ使用量を70%削減し軽快な使用感を実現するウイルス検索エンジン「VSAPI(TM) 8.9」の提供を開始した。

「VSAPI 8.9」提供開始の背景と概要

 インターネット利用者に不利益をもたらす不正プログラムによる攻撃は、Webサイトと連携する「Webからの脅威」として猛威をふるっています。Web経由で不正プログラムが拡散された結果、1日あたり約500の新種・亜種の不正プログラムが確認されるなど、その種類は増加の一途をたどっています(※4)。
 トレンドマイクロが提供しているすべてのウイルス対策製品には、ウイルス検索エンジン「VSAPI」を搭載しています。このエンジンが日々配信されるパターンファイルを展開し、最新の不正プログラムの検出・駆除などの処理を行い、ウイルス対策を実現しています。新種・亜種の不正プログラムが急増するなか、ウイルス対策製品には対応の迅速性とともに、使用時の快適さが求められています。
 従来のクライアント/サーバ対策製品向け検索エンジンは、パターンファイルすべてをカーネルメモリに展開して処理を行っていました。このたび提供開始する「VSAPI 8.9」では、パターンファイルに含まれる、不正プログラムの有無の確認に使用する情報だけをカーネルメモリに展開します。不正プログラムの確認時には、パターンファイルから処理に必要な情報のみカーネルメモリに展開します。これにより、平常時のVSAPIのカーネルメモリ使用量を最大70%(※1)削減し、他のアプリケーションが使用可能な領域を大きくすることで、クライアント/サーバにおける軽快な使用感を実現します。
 「VSAPI 8.9」を用いたクライアント/サーバ対策製品と、最新のデータベースを参照して不正なWebサイトへの接続をブロックする「Webレピュテーション」技術などの「In the cloud」ソリューションを合わせて利用することで、お客様のクライアント資源を有効に活用できます。
http://jp.trendmicro.com/jp/about/news/pr/article/20080804042654.html

まずは2008年8月4日(月)からトレンドマイクロのWebサイトにて提供。法人向け製品(「ウイルスバスター コーポレートエディション」など)へActive Update機能にて配信されるのは2008年8月19日(火)から。個人向け製品(「ウイルスバスター2008」など)へActive Update機能にて配信されるのは2008年8月20日(水)からとなっている。

対象製品は以下の通り。

ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ、ウイルスバスター2008
ウイルスバスター コーポレートエディション 7.0 / 7.3 / 8.0
ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 3.0 / 3.5 / 3.6
トレンドマイクロ ビジネスセキュリティ 5.0
ServerProtect 5.58 / 5.7
Client/Server Security 2.0

ウイルスバスター ダウンロード

G DATA、9ヶ月連続首位(ウイルス検知率テスト)を達成!

AV-TEST調べによると、G DATA Software株式会社の「G DATA AntiVirus 2008」が、「国内で販売されている主なウイルス対策ソフトのウイルス検出率」テストにて、第1位を獲得している。

昨年2007年11月以来9ヶ月連続での1位のようだ。

●7月の検出率順位 製品名 検出率
01位 G DATA アンチウイルス2008         99.47%
02位 Norton アンチウイルス2008         99.21%
03位 Kaspersky アンチウイルス7.0        98.64%
04位 Windows ライブ ワンケア          98.23%
05位 F-Secure インターネットセキュリティ 2008 97.92%
06位 McAfee ウイルススキャンプラス       96.18%
07位 NOD32アンチウイルス V2.7          89.21%
08位 ウイルスキラーゼロ             83.31%
09位 ウイルスセキュリティ ZERO         81.97% 
10位 ウイルスバスター2008            79.69%

ライブ ワンケアが4位で、ウイルスバスターが10位なのは意外な結果だ。毎月の推移も見ていきたい。