« 平成15年度 大学入試 センター試験 データ流出事件 | メイン | OpenSSH 4.0 リリース »

スキミング被害が拡大している模様

スキミングの被害が拡大している模様ですね。

新聞によるとこういった手口のようです。

ゴルフ場のロッカールームにカメラを設置して、ロッカーの暗証番号を盗み見し、キャッシュカードを盗みます。次に盗んだカードをスキミングして、同じ暗証番号を使って別の場所にあるATMから現金を引き出すというものです。

コンピュータセキュリティの世界では、ショルダーハッキングといって、背後からパスワードを盗み出す手口がよく紹介されます。

背後に人影があれば当然警戒するのですが、盗み見するのが人間ではなくカメラであれば、油断をしてしまうのもわかります。

ロッカーにカメラが設置されていても、それが防犯カメラだと認識してしまえば、撮られていても全く警戒しないわけで、カメラに防犯カメラとでも書かれていれば、ほとんどの人は信用してしまうのではないでしょうか。

この事件から考えられる防衛策としては、キャッシュカードの暗証番号もコンピュータのパスワードも、同じ番号、文字列を使いまわししない事です。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://itnavi.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/170

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

セキュリティ情報ディレクトリ
セキュリティ総合情報館。最新情報とアプリケーション別脆弱性情報。

IT(情報技術)NAVI
IWindows、Linux活用記事、オープンソースソフトのインストールガイドやFAQ。

IT革命
IT関連ニュースブログ。業界のトレンドをキャッチせよ。

グループウェア LacoodaST
成長企業のためのユーザ定額グループウェア。