« 中国発「キングソフトインターネットセキュリティ2006」100万本まで無償提供開始 | メイン | EFSで暗号化されたファイルを復号化するユーティリティ »

キーボードのタイプ音でパスワードがわかる・・・らしい

カリフォルニア大学バークレー校の研究者が、キーボードのタイプ音を録音し、各キーから出る音の違いを分析して、入力された文字を割り出す方法を開発しました。

10分間、誰かがたたいているタイピングの音を分析することで、タイプした内容を96%もの精度で再現することができるというものです。

この技術が身近なものにならないことを願うばかりですが、それを妨げることはできません。ウイルス・ワーム・スパイウェアはさることながら、キーロガーやショルダーハッキング、ソーシャルエンジニアリングなど、情報漏えいの脅威はありとあらゆるところに存在するということを認識しておきましょう。

タイピングの「音」でパスワードを「盗聴」――どうしたら防げる?
キーボードのタイプ音から情報漏洩のおそれ--米研究者らが報告

そういえば機器から発生する電磁波にも、盗聴による情報漏洩のリスクがあることを思い出しました。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://itnavi.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/194

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

セキュリティ情報ディレクトリ
セキュリティ総合情報館。最新情報とアプリケーション別脆弱性情報。

IT(情報技術)NAVI
IWindows、Linux活用記事、オープンソースソフトのインストールガイドやFAQ。

IT革命
IT関連ニュースブログ。業界のトレンドをキャッチせよ。

グループウェア LacoodaST
成長企業のためのユーザ定額グループウェア。