« アンラボ、WinnyとAntinnyの検出・削除ソフトを法人向けに無償公開 | メイン | ISP2社で「Winny」通信に対する規制を実施 »

ウェブセンス、Winnyの起動を止めるツールを無償提供

URLフィルタリングソフトのリーディングカンパニーであるウェブセンス・ジャパンは、Winnyによる情報漏えいから企業を保護するために、Winnyに代表されるP2Pファイル共有ソフトウェアをPCから検出し、その起動を停止する企業向け統合セキュリティソリューション「Websense Web Security Suite Lockdown Edition(WSSL)」を提供している。

90日間無償提供サービスが好評だったため、社会問題が鎮静化するまで継続するという。

「WSSL」は以下3つの機能によりWinnyの使用による情報漏えいを防止する。

1)社内PCからP2Pファイル共有ソフト“Winny”を検出

企業内にWinnyが存在するPCがあるかどうかを、インベントリ管理機能を用いて検索し、存在するPCを特定することができる。Winny以外のファイル共有ソフトの使用も制限することができる。

2)Winnyの起動、そして情報漏えいの原因となるウイルスの起動を停止

「Winnyの起動を停止」するよう一元的に管理・徹底を行うことが可能。また、Winnyを経由して感染するウイルスなどの起動も停止することができる。

3)モバイルPCにもWinnyの使用禁止ポリシーを徹底

社員がノートPCなどを社外で使用している間にも、社内のインターネットポリシーを遵守させることができ、Winnyをインストールしたり、すでにデスクトップにあるWinnyの起動を禁止することができる。


同サービスの利用については、問い合わせに個別対応する形となる。

■関連記事

ウェブセンス、Winnyの起動を停止する統合セキュリティソリューション「Websense Web Security Suite Lockdown Edition」の無償提供サービスを拡大

情報漏えい防止 | Antinny(アンチニー)


トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ウェブセンス、Winnyの起動を止めるツールを無償提供:

» Winnyによる情報流出報道に抗議する! from molly's開発日記
Winnyによる個人情報流出がニュースにならない日はないという異常なまでの報道が... [詳しくはこちら]

» winnyを削除する方法 from ニュース用語集地域新聞ブロック紙
winny(ウィニー)は、きちんとしたインストールを行わなくても使用できるため、 「コントロールパネル」→「アプリケーションの追加と削除」を開いても、そこ... [詳しくはこちら]

セキュリティ情報ディレクトリ
セキュリティ総合情報館。最新情報とアプリケーション別脆弱性情報。

IT(情報技術)NAVI
IWindows、Linux活用記事、オープンソースソフトのインストールガイドやFAQ。

IT革命
IT関連ニュースブログ。業界のトレンドをキャッチせよ。

グループウェア LacoodaST
成長企業のためのユーザ定額グループウェア。