« 危険サイトを事前に警告してくれる"McAfee SiteAdvisor" | メイン | MS07-002 を適用すると Excel ファイルが開けなくなる不具合が発生 »

中堅・中小企業ではウイルスバスターがシェアNo.1

ノーク・リサーチ社の調査によると、中堅・中小企業でのセキュリティ・パッケージのシェアは、ウイルスバスターがNo.1であった。

セキュリティ関連のパッケージ・シェアのトップは、トレンドマイクロのウイルスバスターが48.4%とトップ。
続いて、シマンテックのNorton AntiVirusで31.4%、3位はマカフィーのMcAfeeで14.5%だった。

年商別に見ても同様の結果で、50億円未満と50億円以上ともに、順位もシェアもほとんど変わらない。
この傾向は、ここ3年間変わらないという。

トレンドマイクロは、コンシューマへの販売活動にも力を入れているため、国産ベンダーとしてブランド力も強い。なおかつ、ネットワークのゲートウェイ部分のセキュリティ製品も多く取り揃えているため、企業のセキュリティ製品の導入意欲に応えることができることも要因のひとつだろう。

中堅・中小企業の業務アプリ利用実態(3)ウイルスバスターのトップは当分安泰:ITpro

ウイルスバスター ダウンロード


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://itnavi.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/231

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

セキュリティ情報ディレクトリ
セキュリティ総合情報館。最新情報とアプリケーション別脆弱性情報。

IT(情報技術)NAVI
IWindows、Linux活用記事、オープンソースソフトのインストールガイドやFAQ。

IT革命
IT関連ニュースブログ。業界のトレンドをキャッチせよ。

グループウェア LacoodaST
成長企業のためのユーザ定額グループウェア。