« 米国ではクレジットカード番号の密売価格が最低1ドル?! | メイン | 世界最高水準のセキュリティソフト「カスペルスキー」の最新バージョン7.0が登場 »

IE7 自動配布の準備はできていますか?

まもなくIE 7の自動配信が始まります。Microsoft Update や Windows Updateで自動配布が始まり、意図せずにアップデートが実行されると、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。

Windows XP SP2 がリリースされた時のように、予期しないアップデートは大きなトラブルを招きます。管理者としては、アップデートの時期や方法について、事前の取り決めておかなければなりません。

ユーザーが管理者権限を持ってコンピュータを使っているケースでは、IE7は自動更新の対象になります。ただし、Windows Server Update Services(WSUS)が導入されていれば、管理者がを配布を承諾しない限りは更新されません。

自動配信は2007年第2四半期に予定されています。11月2日のリリース後6カ月とすれば5月1日前後になると予想されます。

基幹業務にWebアプリケーションが使われていて、IE7での評価がまだ済んでいなければ、アップデートを抑止しなければならないでしょう。

更新を先延ばしにしたければ、レジストリをいじる必要があります。自動配布の無効化ツールキット(Blocker Toolkit)を使うか、Active Directory 環境であればグループ・ポリシー・テンプレートを用いてレジストリを変更することが可能です。

IE 7自動配布の基礎知識 ? @IT

1.IE 7のインストールが開始されたときに表示されるダイアログで、[インストールしない]ボタンをクリックするようにユーザーに指示する
2.Blockerツールを利用してレジストリ値を設定する
3.ユーザーからローカル・コンピュータの管理者権限を奪う
4.WSUSなどの修正プログラム管理を導入する


セキュリティ情報ディレクトリ
セキュリティ総合情報館。最新情報とアプリケーション別脆弱性情報。

IT(情報技術)NAVI
IWindows、Linux活用記事、オープンソースソフトのインストールガイドやFAQ。

IT革命
IT関連ニュースブログ。業界のトレンドをキャッチせよ。

グループウェア LacoodaST
成長企業のためのユーザ定額グループウェア。