« 中堅・中小企業ではウイルスバスターがシェアNo.1 | メイン | Google のミススペルに気をつけて »

MS07-002 を適用すると Excel ファイルが開けなくなる不具合が発生

1月10日にリリースされたExcel用のセキュリティ更新プログラム「MS07-002」を適用すると、Excel で一部のファイルが開けなくなる不具合が発生している

マイクロソフトによると、「Excel 2000(Office 2000)」固有の問題だということで、「Excel 2002(Office XP)」「Excel 2003(Office 2003)」で同様の不具合が発生するという情報はないという。

パッチ適用前の Excel.exe を上書きすれば、ファイルを開くことができるようになるとの情報もあるが、これはセキュリティに対する回避策ではなく、あくまで不具合の回避策であることはいうまでもない。

■関連情報

「MS07-002」適用によるExcel 2000の不具合、MSが技術情報を公開

1月の月例パッチ「MS07-002」をExcel 2000に適用した場合に不具合が発生

「MS07-002」の不具合はExcel 2000固有の問題、マイクロソフトがコメント

MS07-002 適用後の不具合 (Excel 2000)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://itnavi.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/232

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

セキュリティ情報ディレクトリ
セキュリティ総合情報館。最新情報とアプリケーション別脆弱性情報。

IT(情報技術)NAVI
IWindows、Linux活用記事、オープンソースソフトのインストールガイドやFAQ。

IT革命
IT関連ニュースブログ。業界のトレンドをキャッチせよ。

グループウェア LacoodaST
成長企業のためのユーザ定額グループウェア。